ダイエットの取り組み

 甲状腺機能低下症の影響を感じ始めたのはダイエットの取り組みを本気で考えたここ最近です。

標準体重から10キロ以上オーバーしていることに問題意識を持ったのは、早朝高血圧気味であることから血圧測定と体重測定をするようになってからです。

半年に一回健康診断を受けていましたが、コレステロールが高いなとはわかっていましたが本気で取り組もうとは考えていませんでした。

健康診断で甲状腺の腫れを何度か指摘され、定期的な喘息の受診で精密検査を勧められ、甲状腺に腫瘍があることから年に一回がん検診をするようになりました。

それでも甲状腺のお薬を飲むほどの血液検査の結果ではなかったので経過観察となっています。

体重を毎日測って半年以上経っても体重や体脂肪、筋肉量は大きくは変わらず、カルシウムやタンパク質も変動なく、これが甲状腺からの影響なのだとわかったのはつい最近です。

栄養の吸収と排泄がうまくいかないというのは、書籍から知りました。

筋トレや運動をするようになっても数値は大きくは変わらないのですが、それらにより甲状腺ホルモンが出やすいというのは希望です。たしかに腹囲が引き締まり、喘息や頭痛などの体調も安定しています。