娘帰宅、再び旅立ち

3月は慌ただしく過ぎました。

息子の高校受験に無事の合格、卒業式。大学生の娘は緊急事態宣言解除で一年ちょっとぶりに帰宅。彼女の事が一番の心配事でしたが、留年のショックはあるもののいつもと変わりのない様子に見えて、睡眠障害をチェックするべく睡眠リズムを測るアプリを入れたり、強烈な光を放つ目覚まし時計を買ったり。引きこもっているかと思いきや、初心者マークをつけて、わたしの車を乗り回したり、晩ごはんを一緒に作ってくれたり買い物に付き合ってくれたり。どれもわたしからの提案が影響しているからかもしれませんが。

そしてまた今日、大学へ戻るべく家を離れました。それは本人の希望でした。

毎朝のZOOMでの起床確認を約束させましたが、離れていると彼女からの連絡はないのが常でしたので、わたしにできるのは信じて待つことくらいかな。