再びZOOMで人間作業モデル講習会

ZOOMは便利です。

交通費もかからず、直前まで洗濯物を干していました。

昼食は子供の分も用意、コンビニでのいらない出費がかからず。

居眠りもせず、立ち上がって全身ストレッチしながら集中して聞くこともできます。

全国の方々とも顔見知りに。

若いお父さんセラピストが、子供の面倒をみながら聴講されていました。

今回の人間作業モデルは、基礎編ということで一日講習会でした。

臨床での経験を思い出し思い出し聞きました。質問コーナーが何度もあり、自分の質問力のなさが感じられました。

毎回、随所にキールホフナー先生との出会いや突然の別れ、人間作業モデルの伝道師になったいきさつ、と、山田先生の思いを聞くことができました。