ZOOMで小樽臨床作業療法研究会講習会に参加

 先週末に全国的にはコロナウイルスの自粛が解除となりましたが、職場では警戒レベルを落としながらも継続しています。

 きのうはパソコンのZOOMを使って札幌の娘と会話し、今日はスマホからZOOMで講習会に参加しました。

講習会の告知はラインやツイッターで見ました。

内容はMTDLPについてでした。

当事者のリーズニングと多職種との連携。

永遠のテーマですね。

MTDLPのシートを使って、細やかに対応されている事例でした。

グループ討議が楽しかったです。熱心に発言されていました。

同じように職場で事例検討ができないか、と考えました。

参加者の中には学生も数人いました。

本当に偉いです。臨床家は熱心な学生を見習いたい。

コロナで実習が制限されているためよい刺激ですね。

わたしのような年配者の参加は少なかったのですが、職場の若者たちに参加してほしいので、次回は職場のライングループにもお知らせしたいですね。